ひにょゆきの楽しい株式投資

資産7割減からの復活劇・・・なるか

兼業の個人投資家が戦うべき場所とは


前回の記事の続き。プロと同じ土俵で闘わないため。

 

hinyo-toushi.hatenablog.jp

 

 

・スキャルピング、デイトレ

ディーラー、デイトレーダーなどプロ(それで生活している人)がいる。だめ。

 

・スイング、中長期

ディーラー、デイトレーダーはいない?

 

スキャルピング、デイトレはもちろんプロレベルの方がいるので、避けるべきかと思いまスが、それならスイングや中長期か?と言われるとどうなんでしょう?スキャルピング、デイトレの積み重ねがスイングや中長期では。ザラ場中に銘柄購入しようもんなら、スキャ勢やデイトレ勢の殴り合いに巻き込まれるという。ダメだプロがいる。

 

唯一プロがいないとすれば、引けから寄り付きまでのあいだスかね~。デイトレの方は持ち越さないですもんね。もしかしたら昼休みくらいは持ち越すのかもしれませんが。あ、PTSなんかもプロいなさそうですね。

 

となると引けで買って翌日の寄り付きで売るオーバーナイト投資法が有効か・・・ってこんな本があったような。

 

あとは、戦うことはやめ、プロの動きについていくノンバトル投資法なんかも有効なのでは( ˘ω˘ )(コバンザメだったかも)