ひにょゆきの楽しい株式投資

普段サラリーマンの兼業投資家です。成長株投資でセミリタイヤを目指します( ˘ω˘ )

頭と尻尾はくれてやればいいのか?


株式投資の格言で『頭と尻尾はくれてやれ』というものを聞いたことがあります。

株式投資の極意は「安く買って高く売る」ことですが、この格言では、「最安値で買って最高値で売る」ことの難しさを表現していると思われます。ただ、資産を増やすためにはなるべく頭と尻尾分の利益もしっかり取ることが大事だと思うのです( ˘ω˘ )

頭と尻尾は本当にくれてやればいいのか?を積極的に資産を増やしたい投資家として考えてみたいと思います。

 

尻尾はくれてやればいいのか?

株のイラスト「悲しむトレーダー」

尻尾(直近の安値)を取るためには、株価が下落している必要があります。株価が下落中であればあるほど尻尾の先っちょを買える可能性もあるわけですが、その代わりさらに下がるリスクがあることを考えると、やはり最安値で買うことは難しい。これは、もう一つの格言『落ちてくるナイフはつかむな』でも言われていることであります。

 

【落ちてくるナイフはつかむな】

急落時の投資は落ちてくるナイフをつかむようなもので、どんなに魅力的な銘柄でもナイフが床に落ちてから、つまり底を打ったのを確認してから投資すべきという相場格言。

野村證券 | 落ちてくるナイフはつかむな(証券用語解説集)

 

また、最安値を追い求めるあまり、下降トレンドにまきこまれていては、資産を増やすチャンスを逃すことになりますし、最安値で買えなければ儲からないような銘柄を買っているようでは、資産を大きく増やすことはできないでしょう。尻尾を追い求めるより、しっかりとトレンドが買い転換に変わるまで待つことの方が大事かと思います。

 

ということで、尻尾はくれてやるぞ!

 

頭はくれてやればいいのか?

株のイラスト「喜ぶトレーダー」

人間は欲張りな生き物ですから、「もっと上がるはず」と持ち続けた結果、最高値はとうの昔に付けており、既に下降トレンドになっていたということもあるかと思います。そこで、頭はくれてやるつもりで早めに利確せよと言いたいのかと思いますが、それでは大きく資産を増やすことはできません。

むしろ、微益はくれてやれという気持ちで自分の納得のいくところまで上昇するのを待つ方が攻撃的な投資家には向いていると思います。

 

ということで、頭はくれてやらないぞ!

 

***ひにょゆきの楽しい株式投資***