逆指値刈られまくりマンの株式投資ブログ

(旧)ひとりファンド~東証のモメンタムウォーカー~(旧旧)ひにょゆきの楽しい株式投資

2018年5月の振り返り


今の投資スタイルがいいのか悪いのか、どう成績に反映されているのか全く無視していたので、5月の取引を振り返ってみます。

 

投資スタイル:初動後の第2ブレイク狙い

ナニカの材料で大陽線や、ストップ高になった銘柄が、初動の高値を超えたところで購入。買ってもあがらなかった銘柄は素早く損切り

 

投資成績:一応プラス

売買回数 28回

利確数 13回

損切り数 15回

 

利確率46.4%

 

平均利益 151,290

平均損失 108,099

実現損益 30万円ほど

 

精神衛生上:あまりよくない

ブレイク辺りの株価に指値を入れて寄りで購入したり、昼休みに購入してみたりと、結構高値掴みすることが多くて、素早く損切りしようと思うとトレンド的に上なのに逆指値に引っかかって売るみたいなことも多かった。 

 

6月以降の投資スタイル方針

上昇トレンドの押し目狙い(出来高や節目ラインの支持線を意識しながら)で、支持線を割ったらある程度機械的に損切り。

でいこうかと思います。