ひにょゆきの楽しい株式投資

普段サラリーマンの兼業投資家です。成長株投資でセミリタイヤを目指します( ˘ω˘ )

利益確定が早くて利小にならないようにするために。


最近早く利益確定したくてしょうがない病にかかっていますが、利小では中々お金持ちにはなれません(;^_^A

 

そこで、お金持ちになるための利益確定のタイミングを考え、保有銘柄の保持力を高めたいと思います。

 

「○○万円上がったか」ではなく、「○○%上がったか」で考えてみる。

100万円分の保有銘柄が110万円になったら10万円の利益になります。

1000万円分の保有銘柄が1010万円になったら10万円の利益になります。

 

10万円って結構大金です。保有銘柄が+10万円と表示されたら結構満足して利確したくなってしまいます。

 

ただ、前者は10%の上昇に対し、後者はたった1%しか上昇していません。

 

1%なめんな!と言われるかもしれませんが、お金持ちになりたいなら目の前の10万円で満足している場合ではありません。

 

「A銘柄の株価が○○%上がったか」ではなく、「総資産の○○%上がったか」で考えてみる。

総資産 1000万円でA株が100万円から110万円になった場合、

A株の株価は10%上がっていますが、総資産は1%しか増えていません。

 

これを総資産10%増やそうと思ったら、

A株の株価を100%上げないといけません。

 

相当上がらないと総資産が増えないようなポートフォリオでは、なかなかお金持ちにはなれません。分散投資ですべての銘柄が同じように急騰すればよいですが、自分のレベルではそんなにたくさんの銘柄研究はできません(現状でもできていないのに)。

 

自分の目標額と目標期間を設定してみる。

さっきから○○%とあいまいな表現を繰り返していますが、ここの○○には、人それぞれ目標金額や目標期間に応じた数字が入ります。ここでは複利(株で得た利益はそのまま再投資)で計算しています。

 

元本Aをn年かけてBにしたいときの年利rは

r={(B/A)^(1/n)}-1

 

うーん、わかりづらい。

 

<参考にさせていただいたサイト>

複利法の意味と計算方法,具体例 | 高校数学の美しい物語

 

ちなみに100万円を10年で1億円にしたい場合の年利は、58.4%となりました。

 

年利分を稼ぐ方法

1年で58.4%にする方法はいろいろあります。

 

 

【総資産1000万円を1584万円にしたい場合】

①100万円で買った株を101万円(+1%)で売る作業を584回行う。

②100万円で買った株を110万円(+10%)で売る作業を58回行う。

③100万円で買った株を150万円(+50%)で売る作業を12回行う。

④100万円で買った株を684万円(+584%)で売る作業を1回行う。

⑤250万円で買った株を375万円(+50%)で売る作業を5回行う。 

⑥500万円で買った株を792万円(58.4%)で売る作業を2回行う。

⑦1000万円で買った株を1584万円(58.4%)で売る作業を1回行う。

 

 

これらの中から好きなものを選びましょう。1年間の間でどれかを達成できれば年利58.4%達成です。

(こうしてみると、1%も利益も積み重ねるとインパクトあります。)

 

※ただし、この計算は全く損をしなかった場合なので、実際にはもう少し売買を繰り返す必要もあり、その都度手数料がかかることも考慮しなければなりません。

 

1年間が52週しかないことを考えると、兼業投資家の僕は 何百回も取引できないので、必然的に少ない売買で利益を得なければなりません。

 

そうすると⑤とか⑥を目指すのかな~

 

ま、目安ということで( ˘ω˘ )

 

***ひにょゆきの楽しい株式投資***